PPP:プラズマジェル注入療法

PPP(Platelet Poor Plasma)注入療法は、ご自身の血液成分(血漿)を材料に柔らかいジェルを作成し、
注入剤として法令線や顔の凹み部分に注入しボリュームアップする施術です。

施術方法

15~30CC採血します。⇒ 遠心分離機にかけ、血漿を分離採取します。⇒ 血漿を器械で加温し凝固させプラズマジェルを作成します。⇒ 気になる部分に注入します。 (所要時間 約1時間~1時間半程度)
注入は、カニューレを用いる方法と、注射器を用いる方法があります。ご希望部位やデザインに応じて注入方法を選択または組み合わせて注入します。

PRP療法とPPP療法(プラズマジェル)の違い

PRP・・・線維芽細胞を活性化、コラーゲンの産生を促進し、皮膚そのものを活性化・若返らせます。
     効果は注入後2週~1ヶ月頃より徐々に現れ、半年から1年ほど持続すると考えられています。
PPP・・・皮下に注入し、機械的に凹みをボリュームアップさせます。
     注入直後より効果を確認していただけますが、持続期間は3~4か月です。

PPP注入:治療例

添加物を一切加えず、ご自身の血液だけを原料にフィラーを作ることができますが、吸収が早いのが欠点です。 また粒子が大きいため細かいデザイン力はレディエッセに劣ります。ヴォリュームをしっかり出したい方にはおすすめです。 肌そのものを若返らせるPRP治療との併用がお勧めです。つまり、血小板を多く含んだ血漿分画をPRPに用い、上澄みの血漿はゲル化させて フィラーとして用いる、ということです。

PPP(プラズマジェル)注入:施術料金
  料金
1回のみ お試し価格 
注入量・部位に関わらず(顔のみ)顔全体 
84,000円
3か月間 3回まで  
注入量・部位に関わらず(顔のみ)
210,000円
6か月間 5回まで  
注入量・部位に関わらず(顔のみ) 
315,000円
PRP療法+PPP療法 セットコース
*PRPは1回のみの施術
上記施術料金に157,500円加算

※1回の注入では減りが早いため、2~3回の注入をおすすめします。
※お試しで1回注入され、引き続き施術ご希望の場合は差額をお支払いただくことでセットコースに変更可能です。
※別途麻酔クリーム代 1050~1575円/回かかります。

ページ先頭に戻る
〒617-0823 京都府長岡京市長岡1-1-11 コンフォートセブン2F TEL 075-959-1071